HOME

どのようにして名刺は生まれたのか

名刺とは、本人の情報を記したカードの事で、商談などの社交の場において用いられます。
記載されている主な内容は、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、所属先などですが、
渡す相手に印象付ける為、顔写真を入れたり、用いる紙の質などに拘る人もいます。
そんな名刺の起源は、中国であると言われています。
漢の時代の中国では、ある程度の身分を持つ相手の家へ訪問する際、自分の名前と身分を記した
「刺」と言う木の札を作り、それを訪問先の入口で投じ、来訪を知らせていました。
その他にも、官僚同士の間での取り次ぎを願い出る時にも用いられていました。
江戸時代には日本でも名刺が使われるようになりました。
日本の場合は木ではなく、和紙に墨で名前を書いたものを用い、訪問先が不在であった場合に、
訪問した形跡を残すために使われていました。
幕末から開国の時期になると、外国人との交渉の為に自分の所属や名前を記した名刺を渡すようになり、
現在の使われ方に近い形になりました。
少しずつ形を変えてきた名刺ですが、現在の日本では渡し方にも作法が存在します。
基本的には訪問者側が相手に敬意を表すために、両手で持ち、相手より先に差し出すことになっています。