HOME

新着コンテンツ

  • 2013年07月20日

ビジネスにおける印刷について、考えてみましょう。まずは、日々の報告、出張報告、提案をするめたのレポート、金銭に関わる出納関係の書類などの印刷、これは、オフィスのプリンターで出力することがほとんどの会社で行われていることと思います。
次にプレゼンの資料などのカラー印刷及び製本は、外部の印刷会社に出す会社と、自分のところで印刷から製本までできる機械を取り揃えている会社と分かれるでしょうか。コスト管理厳しい折、あまり豪奢なプレゼン資料もかえって逆効果になりかえないという心配があるので、その辺の兼ね合いで、外部委託か、内部で作成するかを決めている会社も多いことでしょう。あと、ビジネスにかかせない名刺の印刷があります。これも、外部委託する会社と、社内で印刷する会社とふたつに分かれるでしょう。名刺の台紙となる紙を調達できるか、あと、綺麗に切断できるかによって、名刺の印刷の外部委託、内部作成も決まってくるかと思われます。
いずれにせよ、ビジネスと印刷物とは切ってもきれない間柄です。日々目を通す新聞そうですし、業界誌なども、その中にに含まれるでしょう。印刷物をうまくコントロールすることが、ビジネスの成否を分けるといっても過言でないかもしれません。