HOME > 名刺交換時のマナー

正しい交換マナーについて

名刺交換時のマナーとして一番守らなくてはならないのは、自分の名刺を切らさないことです。
初対面の方と挨拶をする際に、名刺を切らしたり、或いは忘れたりするのは致命的なミスです。
名刺を切らしていますと言われた相手は、自分は名刺を渡さなくてもいいくらいに軽く扱われているのかと思われてしまいます。
つまり、第一印象は最悪になるということです。
いついかなるときにでも、名刺を切らしたり、或いは忘れることのないようにしましょう。名刺交換というのは、初対面の人との挨拶そのものです。
そのため、出かけるときには名刺の残りを必ずチェックしておくことが大切です。それから、名刺を渡すときには、基本的には必ず目下の人が先に渡すようにします。
但しここで気をつけておかなければならないのは、ビジネスの場では必ずお金を払う側と貰う側とが存在すると言うことです。
自分が相手からお金を貰う側であれば、相手がどれだけ自分よりも年下であったとしても、目下になるのは自分の方です。
ただ、時には目上の人から先に出されてしまうこともあります。そんなときには、すぐに受け取らないと失礼に当たりますので気をつけましょう。
マナーとしてはどちらが先に出すと言う決まりがありますが、実際の名刺交換の場面では同時に出すことが多い為、効率よく交換できる様に心がけることが大切です。